家相について

今住んでいる家は、中古の一軒家。40年経っている。そして、家のすぐ下が崖になっていて、崖には木が生えていて一日の半分はキッチンが日陰になる。北名古屋市でオーダーキッチンにしてみたいならここ。
また、100mほど離れたところに中学校があって、部活の声や、試合の応援する声が聞こえてきたりする。などなど、
昔この家に住んでいた人たちのこともそうだし、家の周りの環境が、今現在この家に住んでいるぼくたちにどんな影響を与えているんだろうか、と考えていた。
そんなことを今まで考えたことがなかったのは、きっとアパート住まいだったからだと思った。
家を持つということは、長い間ひとつの場所に定住するということになる。結婚して家族をもつとどうしても家を取り巻く環境について考えざるをえなかった。
昔は、今もそういう伝統は残っているだろうが、新しく家を建てる時には、宮司さんを呼んで、土地を清めてもらったらしい。そして、水晶を埋めたり、
酒を撒いたり、祝詞をあげたりするらしいのだ。
家族のことを考えれば、どうか毎日が無事に過ごせる家であってほしいと今は思えるから、昔からの風習を知ることはとても興味深かった。
私の家は、一軒家で、一般的な分譲住宅に比べれば、広く、大きいかもしれません。元々は、自営業をしていた家を10年ほど前にリフォームしたものです。
私の部屋は、ベランダに面し、ロフト付きの、6畳フローリングです。四方壁面があるうち、2面には窓がついており、1面はクローゼット面。もう1面は、自分で棚間を変えることができる棚が3つあります。
私の部屋は、充分物を置くことも出来るし、洋服などを収納することもでき、ベッドや勉強机を置いても、まだ広々とした空間があります。しかし、私の部屋にはいくつかの難点があります。
まず、1つ目は、どの面にも何かしら窓や棚などがあるため、1面が壁のみというところがないということです。最近、DIYや壁面にはるウォールステッカーが流行していますが、それを貼ろうと思うと、唯一ベッドを置ける壁側の部分しかなく、あまり大きなものが貼れないため、大して変わった雰囲気を出すことができません。
次に、2つ目は、棚間が変えれる棚が3つも不要であるということです。この棚は埋め込み式で取り外すことができません。また、高さが3m程あるため、普段使うものは手の届く範囲で、上の方は全く無駄な空間となっているため、それなら壁面で良かったのでは?と思ってしまいます。
ですが、私が将来この家を離れていく時までは、この部屋で過ごさなければなりません。ですから、うまく活用方法を考えながら自分スタイルの部屋をこれからも模索し続けていきます。

貯蓄|英語上達の秘訣|内職 アルバイト|生命保険の口コミ.COM|エロチャット|マッサージのリアル口コミ.com|クレジットカードの即日発行じゃけん|GetMoney|超SEO対策|生命保険の選び方|女性向けエステ.com|健康マニアによる無病ライフ|工務店向け集客ノウハウ|家計見直しクラブ|住宅リフォーム総合情報

Back to Top